ホーム > 弁護士の専門は?

弁護士の専門は?

医者に専門があるように弁護士にも専門があるのか?

答えはイエスでもありノーでもあります。
イエスという意味は、最近は弁護士の数が増えて来たこともあり、特定の事件だけを専門に扱う一群の弁護士がおります。

例えば、刑事事件(犯罪に関わる弁護を行う活動)や知財事件(特許や商標等を扱う事件)、渉外事件(外国の企業や外国の法律が関わる事件)は専門的に扱う弁護士が多い分野です。
また、労働事件離婚事件M&Aなどの企業法務も、専門的に扱っている弁護士が多い分野と言えます。

ですけれども、上記のような事件を扱う弁護士が他の事件を全くやらないかと言うとそうでもなく、一般の民事事件や商事事件は扱うという弁護士が多いと思います。

ノーという意味は、日本の弁護士は司法試験という難関の試験を突破して来ており、民法や商法、刑法といった基本となる法律を一様に勉強していますので、どの弁護士も民事・刑事にかかわらず、ひととおりの事件処理はできます。また、日本で弁護士を必要とする事件の数や司法全体の容量が小さいため、ある種の事件だけを専門にやりたいと思っても、その弁護士に多くの事件が回って来るとは限らず、経営的に見るとなかなかペイしないと思われます。そんなこともあって、私も含めて日本の弁護士の多くは特に専門化はせず、特殊な事件以外は何でもこなすタイプの弁護士が多いと思います。

そんなこんなで、私の場合は専門と言われても特になく民事、商事事件、家事事件一般を扱います。
比較的取扱いの多い事件として、倒産がらみの事件労働事件顧問企業の法律相談損害賠償請求事件(交通事故その他)離婚事件相続事件があります。

>>詳しい取扱い業務一覧へ

ページトップへ戻る