ホーム > 法的対応事例(個人)一覧 > 債務の問題について > 借金の解決法−利息制限法の活用

債務の問題

取立てが止まります;更に過払い金が返る?

@ 債務整理とは?

債権者と交渉して、これから支払う債権額と支払い方法を合意して、そのうえでその合意にしたがって、返済していく方法です。

  過払い金とは?

以上の法律の変遷は別として、現状では、最高裁判所の判例によって、利息制限法に定める上限を超える利息を支払っていた場合(これを過払い金と言います)には、過払い金をまず残元金債務に充当することができます。

どういうことかと言いますと、仮に10年前に借りた50万円について、あなたが年29%の金利を支払っており、しかも、借り増しを繰り返すことによって、残元金が未だに50万円残っているような場合、過去10年に遡って利息制限法の年利18%で正規の返済額を計算し直すわけです。そうすると、毎月支払った分のうち払いすぎの分が出てきますから、それをその月の残元金に充当していくのです。こうした計算作業を繰り返していくと、充当後の残元金は債権者が計算した残元金よりどんどん減っていきます。

そして、古くからの借金の場合は、いつかの時点で計算上残元金がゼロとなる時期があります。この場合、その後の返済金は全て「債務がないのに支払った」という理屈になり、債権者に対して「返還しなさい」という請求ができるのです。

 

こうした計算をして、債権者と交渉して、利息制限法で引きなおした金額を支払う、もしくは、払いすぎのお金を返してもらうのです。

人によって違いますが、こうした計算をして、50万円、100万円という過払い金の返還を実現できる場合もあります。今までなら払わなければいけないと思っていた借金が「チャラ」になるだけでなく、相当の金額を逆に債権者から返してもらえるとしたら、そのお金から弁護士費用も支払えますし、思わぬ「ボーナス」のようなもので、バンバンザイ!ですね。

   @ 借金は便利―でも返済が大変・・・いくらまでなら自力で返済可能か

「金利」というものの怖さ
 クレジット会社や消費者金融業者から10万円、30万円といった金額を年利18%というような利息で借りるのは、返済が大変です。

   A 「利息制限法」とは?・・・借金をしている人の救世主

 借金から免れようとする場合、利息制限法という武器を使う必要があります。利息制限法というのは古くからあった法律(昭和29年の法律)ですが、もともとこの法律によれば、貸付金の金利は、100万円以上の場合は年15%10万円から100万円の場合は年18%が上限であると決まっていて、本来はこれに反する利率の契約をしても無効だとされていたのです。
 ところが、ここ数年前までは、消費者の無知につけこんで、この法律を守らない貸金が堂々とまかり通っており、出資法という別の法律によって刑罰が科される上限である年109.5%まで自由に金利を設定して暴利をむさぼる業者があり、そこまでいかない場合も、昭和58年にできた貸金業規制法で認められた年29.2%という金利が長く続きました。こうして、借入金の金利に関する法律が3種類あるために、ややこしくなって、利息制限法に違反しているが出資法に違反していない利息がいわゆる「グレーゾーン」と呼ばれる金利が生き残り、問題を複雑にしたのです。
 しかし、この「グレーゾーン」金利も、平成18年の改正法によって改まり、平成19年12月からは、利息制限法の制限利率に収まる利率に制限されました。

   A 「過払い金」とは?―今までに払ったお金が返ってくる・・・本当の話

 現在は、最高裁判所の判例によって、利息制限法に定める上限を超える利息を支払っていた場合(これを過払い金と言います)には、過払い金をまず残元金債務に充当することができます。
 どういうことかと言いますと、仮に10年前に借りた50万円について、あなたが年29%の金利を支払っており、しかも、借り増しを繰り返すことによって、残元金が未だに50万円残っているような場合、過去10年に遡って利息制限法の年利18%で正規の返済額を計算し直すわけです。そうすると、毎月支払った分のうち払いすぎの分が出てきますから、それをその月の残元金に充当していくのです。こうした計算作業を繰り返していくと、充当後の残元金は債権者が計算した残元金よりどんどん減っていきます。
 こうした計算をして、債権者と交渉して、利息制限法で引きなおした金額を支払う、もしくは、払いすぎのお金を返してもらうのです。

(2) では借金から逃れるために、具体的にどうすればよいのでしょうか?

大きく分けて次の3つの方法があります。

@ 任意整理

A 自己破産申立

B 民事再生法申立

以下に具体的なその方法を掲載しています。以下を参照ください。

方法論・任意整理〜借金から逃れるための具体的な方法〜

(1) 手続の流れ

(2) 費用について

方法論・自己破産とは?〜借金から逃れるための具体的な方法〜

(1) 自己破産とは?

(2) 手続に要する費用について

(3) 自己破産・手続の流れ


前へ次へ

ページトップへ戻る